iPhone5をメタルラックのポールに固定するホルダを作った

昨日直して使えるようになったiPhone5をメタルラックに固定した。lightningケーブル差して置いておくと、ひっかけて落ちてしまうし、何かと調子が悪い。
今回は3Dプリンタで印刷した。

まずはモデリング。いまどきはAutodesk社のFusion360が無償(条件付)で使用できる。
今回はソリッドモデルをさくっと作成。

昔からずっとアイリスオーヤマのメタルラックを購入している。
安いし、Amazonですぐ買える。ルミナスやホームエレクターにも興味はあるが、一度集め始めてしまうと互換性もあってなかなか乗り換えられない。

今回はアイリスオーヤマのメタルラック25mmにあわせて制作。溝に引っかかるように少し最底面に出っ張りを設けたのがポイント。
これがあると全然ずり落ちない。がっちり止まる。

裏面は放熱に気を使って少し抜いた。気休め程度に効果はあるだろう。

ケーブルのところとスピーカーは通通に作ってある。こうすることで、ケーブルをつけたままでも簡単に脱着ができる。

データーを作るのは30分、印刷に1時間程度かかった。
ざっくりでこれだけ作れたの大変満足。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です