メタルラックのポールに固定する小物入れを作った

前回作ったものかけがだいぶ良かったので、机の上を整理できそうな小物入れを作った。

例のごとく、まずはモデリング。Autodesk社のFusion360(無償(条件付))を使った。
薄い厚みの物入なので、指でとれるように底にはフィレット(丸み)をつけた。

今回もアイリスオーヤマのメタルラックにとりつけることとする。
メタルラック25mmにあわせて制作。

机の板は90cmのものを使っている。同じくアイリスオーヤマ製。4000円ちょっとする。
重量感があって、机としてなかなか安定する。
メタルラックを組み替えて机として使うのはありだと思う。高さも自由に再設定できるので。

一個目を印刷して調子がよさそうだったので、ペン入れバージョンも作ってみた。
先ほど作ったデーターを再利用して作成。

ハンコとか、SDカードとか、充電アクセサリとか細かいものを入れてみた。
角度も自由に変えられるし、思ったよりも良い出来となった。
机がちょっとかたづいた。

3Dプリンタを購入した後、何をするのかわからない?なんて声もあるが、まずは身近な問題解決から手を付けると面白いと思う。
鉛筆立てとか、物入とか・・・

CADは多様な種類があるが、記事内でも使用しているFusion360で始めるのがおすすめ。
日本語対応、Youtubeにたくさんラーニング動画があるし、情報も多い。
機能もたっぷりあって、まず困らないはず。
本来有料だが、条件付きで無償で使用できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です