首都高走行・MT車一ヶ月目

P1140144.JPG
車が来て一ヶ月が経過。850キロほど走行したようです。ちょっと多いかも?
レンタカーを借りていたころとは違い、燃費走行、消耗部品を痛めないように走っています。
そのため、加速も減速も穏やかに、速度も控えめになりました。
快適・安全な運転を学びたい方はMT車で練習するのがいいのかもしれません。
そうそう、週末に首都高走ってきました。
すでに3度走行したことがあるのですが・・・渋滞、右左短合流、行き先別車線変更・・・走行には度胸が必要かもしれません。
忙しい方がとても多いので前や後ろへの強引な割り込みはしょっちゅう。
行き先別車線変更では短い距離で4車線程度変更しなければならないことも。
時速40Kmぐらいで車1.3台分の隙間に割り込むようなこともあります。割り込み中も前と後ろ両方確認必須。
合流も通常の高速道路レベルではありません。左に加えて、右合流もあります。
さらに、10メートル程度で本車線に入らなければならない場所もあります。しかも進むほど幅が狭くなる!
コツとしては大急ぎで加速して安全な隙間を確認したらすばやく押し込む・・・距離感を誤ったら終わりです。
合流車線が徐々に狭くなっている時に大型車が並んだときは特に注意が必要です。
危うくスクラップにされそうになったことも。合流できなかったときは無理せず先端で待つのが良いようです。
走行する時間帯は昼間がおススメです。
夕方~夜にかけては忙しい方がさらに増えて大変なことになります。
特に料金所周辺が危ない。2車線の出口に6台ぐらいが集中して身動きが取れなくなったり・・・
忙しそうな方を先に譲ってから慎重に行くのが安全です。
持って行くと便利なもの
カーナビ・(自律航行ユニット・光電波VICS・新しい地図ディスク・装備強く推奨)
他の部分にお金をかける前に優先して取り付けるといいかもしれません。
ビルが多くてGPS誤差が激しいので自律は必須、渋滞情報VICSもないとつらいです。
サングラス
横からの西日+大渋滞=目が焼けそうになります。安いものでいいので持っていたほうがいいです。
ガソリン携行缶 10L GA-10L
ガソリン携行缶 10L GA-10L

2 COMMENTS

工作人

850kmといえば、名古屋ー金沢間を1.5往復位かな?
wikipediaだと「走り屋」は嗜好の対象が車両の運転自体にあるらしいから、立派に走り屋の階段を登っているよww
首都高も高速も、流れに乗ってさえすれば大丈夫なんだけどねぇ。免許をとってしばらく乗っていればその辺りの感覚も掴めて来るから、定期的に乗るのを心がけるといいぜ。
>サングラス
俺も長距離の高速走行で必要カナ?と思ってた時期がありましたwwww
デザインを考慮しないなら、ユ○クロのレジ付近で¥980ほどで売ってるから試してみては?

返信する
喜虎

そう、走ること自体が楽しいw
状況に合わせてギアを選択して、アクセルを踏み込むと気持ちのいい加速感が・・・
ガソリン代が高すぎて死にそうです。
流れにのっていれば確かに大丈夫ですが、あれはwww
定期的に乗りすぎてお金がないw
とりあえず手持ちのを積んでみました。
西日+渋滞にならない限り使わなさそうです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です