Adobe Creative Cloud 1年契約&使ってみた感想。次はデジハリにしようと思う

例年、Adobe Creative Cloudの更新が発生する。
AdobeのPhotoshop、Acrobat、イラレ、プレミア等のデザイン系ソフトをパックにしたもの。

どうしても使いたいものはシングルライセンス(CS5時代/2010)を持っていたが、さすがに古すぎる。
箱って時点で時代を感じる。
(今時パッケージソフトを目にすることってあんまりない?)
360動画の編集とかやりたいことが増えたので、昨年初めて契約した。


公式サイトだと72,336円(年一括)と高額だ。月額ももちろん高い。

が、デジハリなどの教育機関で講座として買うと39,980円(年)程度となる。
さらに教材もついている。
去年は別の販社だったが、テキストが不便で全く見なかった。
オンライン動画なので、順を追って学べそうだ。
つまみ食いもよいが、効率がよくないのである程度は体系立てて学びたい。

去年は、コードが来るまで1週間。(すごく驚いた)
体験版使ったり、フリーソフトで代替したり手間ばかりかかって疲れた。
デジハリだと最短5分でコード来る(業界最速)らしいので今年はこれにしてみようと思う。
社会人の場合、値段は最安のようだし、速いとことなので、必要になったとき大変便利だと思う。


1年使った感想
Adobe Creative Cloud。ほんとにこんなに使うの?
って思ってフリーソフトで代替したりしていた。
でも1度使い始めるといろいろな意味で楽。

ソフトが一か所でまとまっている上に、アップデートも自動管理してくれるし、横断的に使える100Gクラウドもついてる。
見た目も統一感あってきれいだし、そういうとこも特別感がある。
見事にはまってしまった。


Photoshop・・・年賀状、ブログの画像修正、重めの修正用。
なんだかんだ言って便利。昔はGIMPを使っていたけど・・・

Lightroom・・・投稿用画像の調整・圧縮
「自動」だけでも相当きれいになる上、圧縮アルゴリズムもきれい。
ずっとVixを使っていたが、あまり使わなくなった。

↑ここまでならフォトプラン12,936 円(年)でいいと思う。


Premiere Pro・・・動画編集、共有、投稿、360度の動画編集もOK。
360がちゃんとできるソフトって結構少ないため重宝する。
360度カメラを買ったら、これだと思う。
通常のYoutubeにあげるような動画もプリセットあるので簡単。
ユーザー数が多いのでチュートリアルも充実している。

Dreamweaver・・・サイトのHTML/Css修正など。Blogテーマいじりなど
単に横着したいだけ。ライブビューでコードと外観を比較したり、CSSのかかり方をマウスで見れたりするのが良い。
Chromeなどに乗っているF12キーでも似たようなことはできるが、こちらのほうがやや長けていると思う。


正直な感想、どれもフリーソフトや、何らかの環境で代替することはできなくはないが、なかなか時間が取れない。
一番欲しいのは時間。環境構築で苦労したり、アップデート待ちだとかはやだ。

結局、手間を省くという意味では安いと思う。

やりたいことが、思いついたときに、すぐできる。
続きもすぐできる。
そしてすぐに共有できる状態にもっていける。


1年間使ってみたが、そこが一番導入して嬉しかったことだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です